新型フォレスターおすすめオプション 安全装備 人気パーツSTI価格も調べました。

乗り換えの人は必見!下取り車は必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで 30 万円の下取り価格が
買取業者では 80 万円になることは
よくあることです。

愛車を簡単に高く売る為に一括査定を試してみてください!
優良な買取会社だけが査定するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければ断れば良いだけ!

気軽に試してみてください!

新型フォレスターおすすめオプション 予防安全装備オプション、STI人気パーツをご紹介します。

スバル・新型フォレスターの購入時に悩むのがオプション選びでしょう。

そんなおすすめ人気オプション&STIパーツの価格も調べました。

予防安全装備おすすめオプションでドライブも安全で快適。

【新型フォレスター】おすすめオプション

https://www.subaru.jp/forester/forester/

まずはおすすめメーカーオプションを選ぶために各グレートの価格差を確認です。

「2.5Lガソリン車」

※車両価格は全て10%消費税込みの価格を表示しています。

  • 【Touring】:2,860,000円
  • 【X-BREAK】:2,970,000円
  • 【Premium】:3,080,000円

「2.0L+モーターマイルドハイブリッド車」

  • 【Advance】:3,157,000円

となっています。

https://www.subaru.jp/forester/forester/

メーカーオプションを選ぶにあたり、少しだけグレードによる標準装備と価格差のお話をします。

  • 【Touring】:2,860,000円
  • 【Premium】:3,080,000円

価格差は220,000円。

【Premium】には

  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • 運転席&助手席8ウェイパワーシート+運転席シートポジションメモリー機能+リバース連動ドアミラー+ドアミラーメモリー&オート格納機能(以下「キーレス&シート」という)110,000円(10%消費税込み)
  • アイサイトセイフティプラス(運転支援)(※55000円10%消費税込み)が標準装備されています。

その他細かいところでは、AWが17インチから18インチへの変更。左右独立温度調整機能付フルオートエアコン(2連ダイヤルタイプ、シルバー加飾付)への変更
外装メッキモールなど他にも違いがあり

実質価格差は55000円以下になってしまします。

リセールバリューを考慮すると【Touring】 にメーカーオプションを追加するなら、
【Premium】を選んだ方が「お買い得」だと思います。

という理由でメーカーオプションを付けるベースグレードは【Premium】を前提にご説明いたします。(※印の付いた価格は参考価格、単体でのオプション設定はありません)

新型フォレスターのメーカーオプションを選ぶさい、悩む原因の一つに「セットオプション」になっていることがあると思いました。

https://www.subaru.jp/forester/forester/

ということで実際には単体注文が出来ないオプションを含め「このメーカーオプションはいくらなの?」か単体価格を計算してみました

メーカーオプション単体価格

  • アイサイトセイフティプラス(視界拡張)
    66,000円(10%税込み価格)
  • パワーリヤゲート
    55,000円(10%税込み価格)
  • ルーフレール
    55,000円(10%税込み価格)
  • 大型サンルーフ
     (※55,000円)(10%税込み価格)
  • 本革シート
     (※110,000円)(10%税込み価格)

参考メーカーセットオプション
オプションコード KS
341,000円(10%税込み価格)

  • パワーリヤゲート55,000円
  • 本革シート(※110,000円)
  • 大型サンルーフ(※55,000円)
  • アイサイトセイフティプラス(視界拡張)66,000円
  • ルーフレール 55,000円

https://www.subaru.jp/forester/forester/

こうして単体のメーカーオプション価格を計算して思ってのは、

・大型サンルーフ(※55000円)は安いのでは。
・本革シート(※110,000円)はゴージャス感が欲しい方に取っては比較的お安めな設定。
・パワーリヤゲート55,000円は便利そうだけど安くはないかな~
・ルーフレール 55,000円はお高いのではないですか?

と感じました。(※印の付いた価格は参考価格、単体でのオプション設定はありません)

・アイサイトセイフティプラス(視界拡張)66,000円は、より安全性を確保したい方にとっては致し方ない価格設定。

今までそんなものなくても、一度も怖い思いはしたことがない、事故も起こしていない方にとっては無用の長物になるおそれも・・・

と、単体の価格がはっきりしっところでお勧めのメーカーオプションを順位をつけて紹介いたします。

フォレスターおすすめオプション1位

1位 「大型サンルーフ」単体で選べないところがネックですが、割安感、解放感、実用性、リセールバリュー4拍子揃ったお勧めメーカーオプションです。

私はサンルーフは「絶対いらない」という方以外には超おすすめオプションです。

https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスターおすすめオプション2位

2位 「本革シート」SUVでもゴージャス。なんと贅沢なフォレスターでしょう。

小さなお子さんがいて汚してしまうから・・・と悩むのでしたらNGですが、お子さんが大きくなって「パパのクルマは豪華だった」と思い出すだけでも何かいい思い出を残してあげられそうです。

https://www.subaru.jp/forester/forester/

参考までにこちらの茶色本革シートは【Advance】のみのオプション設定です。

https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスターおすすめオプション3位

3位 少々悩みましたが、あえて「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)
「パワーリヤゲート」あったら便利だとは思いますがここは安全性優先で。

https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスターおすすめオプション4位

4位 「パワーリヤゲート」あったら便利だと思ます。バタン!と勢いよく閉めるより、ボタンを押すだけで静かに閉まるのはスマートでカッコいいと思います。

https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスターおすすめオプション5位

5位 「ルーフレール」実用性は乏しいのではと思いますが、カッコいいですよね!

https://www.subaru.jp/forester/forester/

内装の汚れが気になり、ルーフレールを必要とお思い方には【X-BREAK】がお勧めということにもなりましたね。

https://www.subaru.jp/forester/forester/

新型フォレスターおすすめオプション・安全装備メーカーオプション

アイサイトセイフティプラス(視界拡張)
[フロントビューモニター/スマートリヤビューミラー]

アイサイトセイフティプラス(視界拡張)はセットオプションの為単品では装備できないようです。

アイサイトセイフティプラス(視界拡張メーカーオプション単品参考価格 66,000円(10%税込み)

※(単品価格66,000円はオプションコードQE 226,800円から算出)

(全車メーカーオプション)

フロントビューモニター

フロントグリルに取り付けられたカメラ映像を「マルチファクションディスプレイ」に映し出し前方の死角を減らします。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

フォレスターの前方の様子を映像で確認できます。見通しの悪い交差点への進入時など発進時に映像で確認できます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

スマートリヤビューミラー

リヤカメラの映像をルームミラーに映し出せます。

リヤカメラの映像を映し出さない「ミラーモード」とリヤカメラの映像を映し出すディスプレイモードの切り替えはミラー下部にあるスイッチで簡単に切り替えが可能、後続車のライトがまぶしいときは自動でまぶしさを軽減する「自動防眩機能」が作動します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

アイサイトセイフティプラス(運転支援)
[スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/アダプティブドライビングビーム]

アイサイトセイフティプラス(運転支援)はセットオプションの為単品では装備できないようです。

※アイサイトセイフティプラス(運転支援)メーカーオプション単品参考価格 55,000円(10%税込み)

※(単品価格55,000円はオプションコードLE 162,000円から算出)

(TouringとX-BREAKにメーカーオプション、PremiumとAdvanceには標準装備)

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)はリヤに装備されたセンサーが「となりの車線後方」(3車線中央を走行中は左右車線斜め後ろ)から接近するクルマを検知、最大後方検知範囲は約70m。

車線変更時やバックするときに衝突の危険がある場合ドアミラー内側のインジケーターと警告音で注意をうながしてくれます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)は「死角車両検知」「車線変更支援」「後退時支援」の3つの役割をしてくれます。

死角車両検知

ドアミラーでは死角になってしまう斜め後ろのクルマを検知した場合ドアミラー内側のLEDインジケーターが点灯。

そのまま車線変更をしようとした場合インジケーターが点滅し危険を知らせてくれます。

警報範囲は後方約4m。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

車線変更支援

となりの車線後方から近付いてくるクルマを検知した場合、インジケーターが点灯し注意を促します。

そのまま車線変更をしようとした場合、インジケーターが点滅し危険を知らせてくれます。

最大検知範囲は最大約70m後方。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

後退時支援

駐車場などのバック時、後方両サイドをセンサーが検知した場合、インジケーターの点滅と警告音で危険を知らせてくれます。

警報範囲は約30m、検知可能対象車は約30km/h以下。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

アダプティブドライビングビーム

夜間走行時カメラが対向車・先行車を検知した場合、ヘッドライト内部に装備された遮光板により対向車両に当たる部分のライトの光を遮光、その他の部分はハイビームを照射。

対向車・先行車に眩しさを与えず、広い夜間の視界を確保します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

リバース連動ドアミラー

ATシフトレバーをバックに入れると、助手席側のドアミラーが自動でミラーを下に向け死角になりがちなリヤタイヤ付近を映し駐車時などのバック時に安心感を与えます。

(TouringとX-BREAKにメーカーオプション、PremiumとAdvanceには標準装備)

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

【新型フォレスター】おすすめオプション STIエアロパーツ

ここでは スバル STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)のエクステリア・エアロパーツをご紹介します。

新型フォレスター(SK)STIエアロパッケージ(シルバー)

STIエアロパッケージ(シルバー)本体価格 165,000円 (税抜)商品番号: STPKG00SE000引用:https://www.sti.jp/index.html

控えめなエアロパーツですが「カッコいい」と思います。AWとエアロで雰囲気がだいぶ変わりますね。どれが付けたパーツなの?と思われた方は下の写真をご覧ください。

引用:https://www.sti.jp/index.html

写真では見づらいので、どこがシルバーなの?と思われた方のため下の写真で囲ってみました。フロントシルバーの部分と、サイドは★部分がシルバーです。

引用:https://www.sti.jp/index.html

【構成部品】
フロントリップスポイラー(シルバー)  ST96020SE010
フロントサイドアンダースポイラー     ST96020SE020
サイドアンダースポイラー(シルバー)  ST96030SE000
エアロガーニッシュ(リヤドア)     ST96030SE150
リヤサイドアンダースポイラー      ST96031SE000

新型フォレスター(SK)エアロパッケージ(ブラック)

STIエアロパッケージ(ブラック)本体価格 165,000円 (税抜)商品番号: STPKG00SE010 

引用:https://www.sti.jp/index.html

ほんとに控えめですね。しかし、新型フォレスターエアロパッケージは走行時に受ける風の乱れを整えて、フロント・リヤの空力バランスを最適化、ボディーの安定に効果を発揮します。
車両が安定し、楽なハンドル操作ができますので運転時の疲労軽減にも効果があります

下の写真は新型フォレスター(SK)エアロパッケージ(ブラック)ですので囲ってある部分★印もすべてブラックです。

引用:https://www.sti.jp/index.html

「金額は問題ではない」という方以外でしたら、ここはあえて【Touring】を選びエアロとAWでスポーティーな走り、個性的なフォレスターを乗るのもいいかもしれませんね。

【構成部品】
フロントリップスポイラー(ブラック) ST96020SE090
フロントサイドアンダースポイラー    ST96020SE020
サイドアンダースポイラー(ブラック) ST96030SE060
エアロガーニッシュ(リヤドア)    ST96030SE150
リヤサイドアンダースポイラー     ST96031SE000
※ 本体価格は工賃、消費税を除く部品本体価格です。工賃は取り付けディーラーにてご確認ください。
STIエアロパーツは効果が実証されています。
走行中の車は常時空気抵抗を受けています。
STIエアロはボディの浮き上がりを抑えつつ空気抵抗を減らし車高の高いSUVでは特に影響のある横風を受けても真っ直ぐ走る空力操縦安定性を高めています。
STIエアロパーツは、風洞試験で空力性能が確認されているスバルのセーフティ性能向上エアロパーツです。

おすすめオプション STI純正オプションアルミホイール

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

STI純正オプションアルミホイールは軽量、高い剛性、最高品質の鋳造アルミホイールです。
17インチが4本セット183,600円 
18インチは4本セット196,560円です。 
色は、シルバー・ガンメタ・ブラックの3色が用意されています。

このデザインや色が気に入れば問題ないですが、
アルミホイールは社外品でも高品質でもっと高価なものや、

品質は保ちつつも、お買い得なものが沢山あります。
気に入ったデザイン、サイズを選ぶのもいいと思います。

社外のお勧めパーツは、4代目 フォレスター(SJ系2012年 – 2018年)は沢山見つかりましたが、5代目 新型フォレスター(SK系2018年 – )は発売直後ということもあり「これはカッコいい」「これは便利」と言うようなパーツは見つかりませんでした。

今後、開発、発売されてくると思いますので見つかり次第追記したいと思っています。

【新型フォレスター】おすすめオプション・ナビ・その他オプション

おすすめディーラーオプションをご紹介いたします。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

おすすめオプション「SUBARUホーン」11,880円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

口コミを見ますとディーラーオプションで人気なのは「SUBARUホーン」だそうです。

純正のホーンの音が気に入らないとの声が多く見受けられました。

気になった方はディーラーで一声かけてから鳴らしてみてください。

おすすめオプション「ベースキット」

「ベースキット」は、絶対おすすめ!というわけではありませんが、7点全てが必要と感じる方は割引価格になっていますのでちょっとだけお安く買えます。

必須と思うのは、フロアカーペット、ドアバイザー 光輝モール付ですが、LEDアクセサリーライナーも付けるとカッコ良いですよね。

  • ベースキット(7点)
  • ナンバープレートベース
  • ナンバープレートロック
  • ホイールロックセット
  • フロアカーペット
  • ドアバイザー 光輝モール付
  • スプラッシュボード
  • LEDアクセサリーライナー

セット価格:129,060円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

田舎暮らしの、私が必要と思うのは、フロアカーペット位です。

但し都会に住んでいれば、ナンバープレートロックがあれば、ナンバーを盗まれ犯罪に使われる可能性は低くなりますね。

社外アルミを付ける予定の方にはホイールロックセットは必需品ですが、形状、性能、価格面で社外品のほうが良いかもしれません。

最近ほんとうに減りましたがタバコを吸う方にはドアバイザーがあってもいいかもしれません。

悩むのは「LEDアクセサリーライナー」カッコはいいですが55,080円は「少々お高い」その価値があるのか無いのかは下の動画を参考にしてください。

「LEDアクセサリーライナー」確かにフォグランプの上に横長のLEDライトが点灯します。
動画を見たかぎりでは「アクセサリー」というだけあって実用性はなさそうですね。
55,080円はやっぱり高く感じます。私はいりませんw

ナビはご予算に合わせて選べます。
高い方がパナソニック ビルトインナビ 254,880円
お買い得なのはカロッツェリア 楽ナビ 162,043円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

後付けしようとするとステアリングスイッチが使えないものがあるそうです。

契約時に割引もありますのでナビはディーラーオプションで頼んだ方が良いようです。

おすすめオプション ETC

高速道路を頻繁に使用する方は「光VICS対応ETC2.0車載器」が便利なはずですが実感は出来ないようです。

一般的な使用頻度なら低価格のETCキット(音声ガイド)18,252円で十分でしょう。
後付けなら本体は1万円以下もありますが取り付け工賃を考えるとディーラーオプションを選んでもあまり金額的な差はないと思います。あまり安いのはダッシュボードの上に設置しないといけないタイプもありますので、それは避けたいですよね。アンテナ分離型を選んでください。

おすすめオプション ウエルカムライト17,280円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

夜、人を乗せる機会が多い方にはお勧めできます。良い印象を与えられます。私には必要ありません(笑)

おすすめオプション リヤビューカメラ39,960円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

リヤビューカメラがオプションなのが不思議な位なのですが、可能性としてはアイサイトセイフティプラス(視界拡張)などと機能が被ってしまうのかもしれません。

担当営業マンに確認してくださいませ。私はリヤビューカメラがない車でのバックは怖くて仕方ありません。

私にとっては必須装備ですが少々お高く感じます。

おすすめオプション ドライブレコーダー

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

万が一の事故の原因がはっきりさせられます。

最近話題になることが多い、危険な「煽り行為」「あおり運転」の証拠を録画できますので、これからは身を守るための必須装備になるかもしれません。

SDカードをマメにチェックしないと全く映っていないという事も問題になっていました。

安い社外品はやめておきましょう。

メーカーオプションと違ってディーラーオプションで悩むのはなんだか楽しいですね。

まだまだご紹介していない、ディーラーオプションが沢山ありますので、スバル公式HPでオプション選びを楽しんでください。

どうしても欲しくなれば納車後でも取り付け出来ますので焦ることはないと思います。

おすすめ必須オプション

必要なモノは人によって違いますが外せないのは

・フロアカーペット
・ナビ
・ETC

私は

・リヤビューカメラも外せません。

スバルファンには

「SUBARUホーン」も外せないとの口コミが目立ちました。

独身男性には

・ウエルカムライトもおすすめです。

若い女性は喜ぶような気がします。又は「まったく無駄」とばかにされますが話の「ネタ」にはなるはずですw

新型フォレスターのオプション選びのお役に立てたなら嬉しいのですが・・・

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

乗り換えの方は必見!LAV4が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このLAV4、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。